腰椎椎間板ヘルニアなどの症状は治療可能~名医を見つけよう~

Doctors

腎不全になった場合には

Girl

腎不全が悪化すると、体内に余分な水分や老廃物が蓄積される一方になるため、最終的には死亡してしまいます。しかし、人工透析を受ければ、失われてしまった腎臓機能の一部を補うことができます。世田谷区には在宅透析の指導を行っているクリニックがあり、多くの患者が利用しています。

この記事を読む

血液をクレンジングする

Hospital

血液クレンジングは保険適用外である。効果には個人差があるため、高額な治療費が見合わないと感じてしまうケースがある。以上の事をしっかりと認識し、医師の説明を受けて納得した上で血液クレンジング療法は行うべきです。

この記事を読む

女性に多い下肢の病気

Woman

下肢静脈瘤の治療は血管外科を受診することが望ましいですが、近くにない場合は外科や皮膚科を受診し、診てもらうこともできます。病院選びはインターネットを活用するととても便利です。

この記事を読む

手術をするなら名医を探す

Girl

あんパンと同じ構造です

椎間板は、脊柱を形成している椎骨1つ1つの間に挟まっている緩衝材の役目をしている組織です。そして、椎間板は薄っぺらいあんパンと同じ構造をしていると考えれば解りやすいと言われています。椎間板は、パンの部分である線維輪の中央部に柔らかい髄核が入っており、まるであんパンの形そっくりなのです。そして、物理的な衝撃等が影響し、パンを突き破ってあんが出てしまった状態を椎間板ヘルニアと呼ぶのです。この椎間板ヘルニアが、腰椎間または腰椎と仙骨間で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいるのです。腰椎椎間板ヘルニアが起こった直後に激痛が走り、ぎっくり腰の原因の1つにもなりますが、この痛みは腰椎椎間板ヘルニアによって腰椎の中にある神経が圧迫されるために発生します。

手術が必要となることも

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうと痛くて動けないケースが多々あります。そのような時は無理をせず、治療のためにも患部を動かさないようにして、しばらく休養を取ることが大事です。通常の場合は、数日間安静にしていれば痛みも和らいでくるものです。また、患部にブロック注射と呼ばれる炎症を抑える薬剤を投与して治療することもありますが、場合によっては治療に手術が必要となることもあるのです。腰椎椎間板ヘルニアの手術は、危険な場所の手術になりますから、手術をするなら名医を探す必要があります。この場合の名医とは、腰椎椎間板ヘルニアの治療実績が豊富で、評判の良い外科医のことです。名医と呼ばれる外科医を探すにはインターネットが適しています。

Copyright© 2015 腰椎椎間板ヘルニアなどの症状は治療可能~名医を見つけよう~All Rights Reserved.