腰椎椎間板ヘルニアなどの症状は治療可能~名医を見つけよう~

Doctors

女性に多い下肢の病気

Woman

受診する病院選び

下肢静脈瘤は女性に多く見られる病気と言われています。その理由は、家事などの立ち仕事が頻繁であることや、妊娠・出産によってむくみが生じやすいことがあげられます。遺伝的な体質も、男女共に考えられる理由のひとつです。そのため親族に下肢静脈瘤の方がいる場合は、普段から足の血管に異常がないか注意深く観察することが大切です。気になる症状がある場合は、病院で医師の診察を受けることで早期発見や治療時期の短縮につながります。血管外科を受診することが一番良いと考えられていますが、現実問題として血管外科が置かれている病院はそう多くはありません。その場合は、外科や皮膚科を受診することで症状を把握したり治療方法を模索することができます。

通院のしやすさも大切

下肢静脈瘤の疑いがあって病院を受診する際は、まずインターネットなどを活用して病院選びをすることが必要です。下肢静脈瘤の治療や手術をおこなっている医療機関を探す際は、通院することを考えてできるだけ近くで探すと便利です。詳しい検査や適切な治療を受けるために、直接病院に問い合わせてみることも大切です。遠い病院を選ぶことで通院や治療が負担になってしまっては困ります。はじめは軽く血管が浮き出る程度でも、長い期間そのままにしておくことで手術が避けられない状態まで進行してしまうこともあります。自分自身はもちろん家族の症状にも気がついたら、できるだけ早く医療機関を受診することが大切なのです。毎日の生活で足には負担がかかっていることがわかります。

Copyright© 2015 腰椎椎間板ヘルニアなどの症状は治療可能~名医を見つけよう~All Rights Reserved.